クレーム対応で怒らせたことを謝罪する必要はない理由とは

昨今は学校教育の現場で、保護者のクレーム対応をする教員が多くなりました。その際怒らせたことを謝罪する必要はないものです。その理由は、あくまでも教育の指導として生徒に対して教員がおこなったことが挙げられるからです。保護者がそのことにクレームを入れるのは、教育内容を否定していると受け止めることができます。つまり、クレーム対応をする教員は謝罪をすることがないわけです。新人だとすぐに謝罪をなさる方が多いですが、ここでは教頭や副校長または学年主任などと共に対応をするのが理想的になります。怒らせたことを気にすることはなく、しっかりと生徒と向き合って正しい教育をおこなっていくことで、少しずつクレームはなくなります。

おすすめ記事