保護者からのクレーム対応には教育三法の斜め読みが重要

保護者からのクレーム対応は、教育現場においてかなりデリケートな問題です。対応次第で大問題に発展してしまうからです。なかには専門用語や法律用語を用いる保護者もいますが、そのようなときは、教育三法といった教育関係の法律を読んでおくと安心です。教育三法とは教育基本法・学校教育法・社会教育法の三つですが、法解釈や判例など詳細を把握する必要はありません。斜め読みしておくだけで十分ですし、それだけで保護者に与える印象も違ってきます。さらに学校保健安全法などの関連法や、解説した本を斜め読みしておけば万全です。要はこちらが問題を軽視しておらず、法律面も含めて問題に真摯に取り組んでいることを示すことが大切なのです。

おすすめ記事