保護者からのクレームの対処は適度にあいづちを打つ事も必要である

保護者からのクレームの対処は適度にあいづちを打つ事も必要である

何らかのトラブルが起こって、保護者からのクレームが来た時の対処としては、相手の話を聞きながらあいづちを打つという事が時には必要です。怒り心頭である相手のクレームの内容を把握して、解決出来る問題と解決出来ない問題を分けてクレームに対処していかなければいけませんが、相手の話を聞いている時に、こちら側が無反応であると逆上するキッカケを与えてしまいます。
相手が一層怒らないようにするには、話を聞いているという意思表示が必要であり、あいづちを打つという行動は適度にクッションを置く事が出来るので、話を最後まで聞くのに効果的です。但し、話の内容によっては、あいづちを打つ事は誤解を生む事になり、トラブルが発生するので適当に行うのは良くありません。

おすすめ記事