小学校での学習についての保護者クレームに上手く対応する方法

小学校の学習について、保護者クレームを受けることもあります。その際には、まず話をじっくりと聞いて問題を把握することから始めなければなりません。宿題を提出することが難しいと言われたときに、じっくり話を聞くと塾の課題が多いから学校の分まで手が回らないというケースがあります。学校で無理な量を出しているわけではなく、その家庭だけを特別扱いすることになるので、この場合は1人だけ特別扱いできないことを伝えた上で対策を一緒に考える方法がおすすめです。特定の生徒のせいで学習が遅れるというクレームがあった場合、本当に授業妨害が行われていたり教員が特定の生徒に時間をかけているようであれば学校側で対策を考える必要があります。発達障害などの理由があるかもしれませんが、授業の見直しなどを行うことで他の子供への影響を少なくすることが大事です。

おすすめ記事