保護者から多くのクレームが入る原因の1つが、学校側が信頼されていないからです。担任がしっかりと子どもを見てくれているのか理解できないと、保護者が不安になって少しのことでも大げさにクレームを入れてしまうことがあります。そこで学校側は、少しでもクレームを減らすために個人面談を実施するのも1つの手です。

個人面談で大切なことが、学校と担任が保護者から信頼されるようにしっかりと準備をするという点です。例えば学校での様子がわかるように、生徒それぞれの様子を資料としてまとめておくことが大切です。また保護者側から信頼を得るためには、一方的に話すだけではなく、普段の生活に関する質問を担任からしてコミュニケーションをとることも必要です。事前に質問はリストアップして、スムーズに話を進められるようにしましょう。