企業の中で働いているとトラブルは少なからず発生しますが、問題の切り分けをして冷静に対処しなければなりません。クレーム対応では相手の話を傾聴して、企業として保証出来る事柄と再提案出来る事柄を分けて考えて、損失を出来る限り少なくしなくてはいけません。

管理職は最終的にクレーム処理の判断をして、経営者に報告を行う必要があります。複数のトラブルに対応してゆくためには、部下からの情報を整理して関係各所と連携しながら代替できる商品やサービス、また返金処理などを効率的に行う必要があるのです。現在起きているクレームへの対応に関して、過去に会社内での対応の前歴があれば参考にしてみるのもいいかもしれません。独断では判断せずに情報を集めて、いくつかの対応プランを作り経営陣に判断を委ねることも大切です。