クレーム対応を行う時に、あまりにも酷い暴言や暴力が伴うクレームである場合は警察の協力を仰ぐようにします。法的に問題があり、警察が対応出来そうな事案であれば、警察の協力は大切です。理不尽なクレームが続いて、何時間も居座られると業務に悪影響を与える事がある上に、関係の無い人まで巻き込まれてしまう恐れもあります。相手の行動が法的に問題がある場合に使えます。

警察に通報するという事を相手に伝えるだけでなく、実際に被害届を出す事まで予め決めておくとスムーズに事を進められます。丁寧に応対して問題が解決する場合は警察の協力を仰ぐ必要性はありませんが、人によっては何でもかんでも丁寧に応対すれば良いというわけではありません。