学校には保護者からクレームが入ることがあります。クレーム対応を成功させるためには、対話の主導権を握るというテクニックが必要です。

苦情を言いに学校までやって来たことが分かっていたとしても、まずはその保護者の子供を褒める内容から入ることなどから始めます。相手の攻撃的な姿勢を崩さないまま会話が始まってしまうと、冷静さを欠いた保護者から延々と攻撃され続ける可能性が高いです。

そして、相手のことをよく知っておくことも大事だと言えます。親近感を持たせるような会話、共感を誘うような会話をできることができれば、相手の気持ちを落ち着かせることができ、冷静に話し合いを進められる可能性が高まると知っておくと良いでしょう。